流山おおたかの森で歯科・歯医者をお探しの方はK's歯科・矯正歯科クリニックおおたかの森まで

  • 地図

歯科矯正における部分矯正とは?

2020年11月30日

 

歯科矯正における部分矯正とは?【流山市おおたかの森の歯医者 K’s歯科 矯正歯科クリニック】

 

今回のブログでは、

歯科矯正における部分矯正のお話です。

 

部分治療は特殊な場合は

歯1本、2本だけ動かして

スペースコントロールする治療です。

 

例えばの話ですが

虫歯や歯周病で歯をなくしてて

長年それを放置すると、

周りの歯が勝手に

その隙間を利用して

悪い歯並びを作ってしまいます。

 

それで後々ちゃんとした入れ歯や

ブリッジを入れようとしても

その隙間がなくてちゃんとした

ものが作れなくなります。

 

その時に一般歯科の先生から

この歯だけをちょっと動かして

隙間を作って欲しいって依頼があります。

 

その時に行うのが部分治療です。

費用に関しては設計によっても

全然予算が変わりますので

詳しい話はホームページを通して

お問い合わせしてください。

歯科矯正における本格治療の費用はいくらくらいか?

2020年11月23日

 

歯科矯正における本格治療の費用はいくらくらいか?

 

今回のブログでは、

歯科矯正における本格治療の費用の話です。

 

本格治療は成長が終わった

中学校の頃の大人の歯に

対する治療になります。

 

当院では治療費として

80万円~になっております。

 

また治療の計画によって

歯を抜く場合もありますので

前後することもあります。

細かい内容はHPをご参照ください。

歯科矯正における本格治療とは?

2020年11月15日

 

歯科矯正における本格治療とは?

 

本格治療は成長が終わった中学生

高校生の方に対する

治療になります。

 

正しい噛み合わせを作る

治療になりますので

場合によっては

歯を抜く治療の設計にもなります。
それから治療するための期間ですが

歯を抜かない場合は2年前後

歯を抜く場合2年半前後と

言われてます。

 

通院の回数は月1回来て頂いて

金具の調整を行っております。

歯科矯正における早期治療の費用はいくらくらいか?

2020年11月8日

 

歯科矯正における早期治療の費用はいくらくらいか?

 

早期治療の開始時期によって

矯正治療の期間は

多少変わってきます。

 

しかし矯正治療は

開始して2年3年で

治療は終わりますよという

話ではなくて

大人の歯並びに

なるまで僕らは面倒をみます。

 

その治療費としては

40万円からになります。

歯科矯正における早期治療とは?

2020年11月3日

 

歯科矯正における早期治療とは?

 

今回のブログでは

歯科矯正における早期治療

について解説していきたいと思います。

 

早期治療のお話ですが、

早期治療の開始時期としては

大体4歳から12歳の間

成長期であるお子さんに対しての

治療になります。

 

その時は大人がやる

治療みたいな針金を使ったり、

たくさん装置をお口の中に入れて

治療することではなく、

ご自分の持っている成長を

僕らが多少サポートすることで

積極的にご自分の力で治療していく

治療になります。

歯石ができる原因とは?

2020年10月27日

 

歯石ができる原因とは?

 

今回のブログでは

歯石を除去する頻度はどのくらいですか?

について解説していきたいと思います。

歯石のたまり具合は個人差はあります。

 

けれども一般的にお勧めとされる頻度は

大体3ヶ月から6ヶ月に1度です。

2ヶ月ぐらいすると

歯石がたまり始めるので

そのぐらいのペースで通っていただくと

安心かと思います。

 

こまめに通うのが面倒ですとか

ある程度たまってから取りたい、

と思う方もいらっしゃるかと思いますけれども

症状がなくても

歯石がたまっている状態が

長く続いてしまうと

歯肉、歯茎に炎症を起こします。

 

知らない間に歯周病が進行している

可能性もあります。

 

ですので定期的に

検診を受けて歯石をとっておくということが

非常に大事です。

 

歯石を除去する頻度はどのくらいですか?

2020年10月27日

 

歯石を除去する頻度はどのくらいですか?

 

今回のブログでは

歯石を除去する頻度はどのくらいですか?

について解説していきたいと思います。

歯石のたまり具合は個人差はあります。

 

けれども一般的にお勧めとされる頻度は

大体3ヶ月から6ヶ月に1度です。

2ヶ月ぐらいすると

歯石がたまり始めるので

そのぐらいのペースで通っていただくと

安心かと思います。

 

こまめに通うのが面倒ですとか

ある程度たまってから取りたい、

と思う方もいらっしゃるかと思いますけれども

症状がなくても

歯石がたまっている状態が

長く続いてしまうと

歯肉、歯茎に炎症を起こします。

 

知らない間に歯周病が進行している

可能性もあります。

 

ですので定期的に

検診を受けて歯石をとっておくということが

非常に大事です。

 

歯石を除去する費用はいくらか?

2020年10月21日

 

 
歯石を除去する費用はいくらか?
 

今回は、

歯石を除去する費用

についてのお話です。

 

歯石の除去は保険が適用される

治療になります。

 

事前に骨の状態を知るためのレントゲン撮影と

歯周病の検査が必要になってきますので

3割負担の方で初回が

大体3000円~4000円程で治療が行えます。

歯石ができる原因は何ですか?

2020年10月12日

 

歯石ができる原因は何ですか?

 

今回は

歯石ができる原因は何ですか?

という内容について解説していきます。

 

まず歯の表面に溜まったプラーク、

細菌の塊のプラークですね、

これと唾液中のミネラルが

くっつくことによって

石のように硬くなってしまったものが

歯石になります。

 

個人差もありますけれども、

プラークが残ったままの状態が

2、3日続いてしまうと

石灰化が始まりますので、

だんだんと歯石へと変化してきます。

 

特に下の前歯の裏と上の奥歯の外側ですね

唾液腺と呼ばれる唾液の出口がありますので、

歯石のたまりやすい場所となっています。

 

そこを重点的にに磨いていただくことも

歯石が出来にくくすることにつながります。

PMTCの費用はどれくらいかかるのか?

2020年10月5日

 

pmtcはいくらかかるのか?

 

という質問についてですが

pmtcは虫歯や歯周病の治療とは違い

予防処置であるため保険の適用がありません。

 

費用は5,000円〜10,000円程度になります。

 

その代わりに

保険診療では使用できない機械や材料を

使うことができるため

より綺麗な状態を保つことが出来ます。

 

歯医者に行くたびに虫歯が見つかったり

歯周病の治療を行って

健康な状態になった後

その状態を出来るだけ

長くキープしたい方にお勧めです。

1 2 3 4 5
 
ページトップへ